2013年5月27日月曜日

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

久しぶりに映画を観てきました。


探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 
(ネタバレありますよ)



少し前に地上波で前作にあたる「探偵はBARにいる」が放送されたのですが
カットされてるシーンがあまりにも多く憤りを感じました。
霧島さんの時計を受け取ってからのカルメン・マキさんの「時計を止めて」が
凄くよかったのに!とか思いながら。
地上波で観て「もうひとつやな」と思われた方は是非DVDを・・・。

カルメン・マキ "時計をとめて"


大泉洋さんの大ファンであらせられる我が家の奥様は
「前作よりいいよ!」と仰ってましたが
私は鑑賞中「前作の方が面白い」と思いながらみてました。
これは「アイドル大泉洋」の映画としては100点だと思いますが
男子たるもの、「探偵はBARにいる」に引きつけられたのは
やっぱ格闘シーンなんですよ。
2では1程格闘シーンにグッとこなかったんですよ。
雪の則天道場の様なシーンを期待してたのですが
あの市電のシーンは無理があるでしょう。
おまけに襲った集団は橡脇にも直接関わっていなくて
犯人があの人だなんて。
あと、佐山にもっと愛情をかけてあげて欲しかった笑
今度はランクルに轢かれそうになるとか。

でも、最期がよかった。
最期ですべて吹っ飛ばしてよかった。

演説のシーン、沙織の時の様に間に合わないんじゃないかと
ハラハラしてしまいました。最期に依頼人を守れたのはよかった。
ちゃんとヒーローしてんじゃんって。
そしてエンディングがムーン・ライダーズのスカンピン!
室蘭のシーン、ここへのフラグでした。


ムーン・ライダーズ "スカンピン


素晴らしかったですが オススメ度は★★★☆☆